新築一戸建ては夢の住まいです

新築一戸建ての住まいへの憧れ

日本人は住まいを購入するときに、新築にこだわる人が多いと思います。

しかし外国では中古の住まいを購入して、引っ越すときにまた売ってまた中古の住まいを購入するという人が多いです。
日本人は一度新築一戸建ての住まいを購入してしまうと、そこから動かない人が多いように思います。
確かに新築の一戸建ては憧れますが、その土地に縛れてしまうということもあります。
外国では引越しをして、土地を転々としながら生活をする人が多いので文化の違いもありますが、あまり新築にこだわる必要はないのではないかと思います。
中古の住まいでも、リフォームをすることによってきれいになりますし、価格も安いです。
引越しなども気ままにすることができますから、メリットもたくさんあると思います。


新築の家はきれいですし、新しいので住んでいても気持ちがいいと思います。
マイホームを購入することは家族の夢でもあると思います。
高いローンを組んで住まいを購入する人もいますし、ローンのせいで日々の生活を犠牲にしている人もいると思います。
苦しい思いをしてまでローンを組んで新築の住まいを購入するのであれば、中古の安い一戸建ての家を購入してもいいと思います。
引越しもしやすいですから色々な土地を楽しむことができます。
。新築の家が欲しい人は無理に中古の家を購入したほうがいいとは言いませんが、中古の一戸建ての住まいも選択肢に入れて人生のプランを考えてみても損はないと思います。