新築一戸建ては夢の住まいです

新築一戸建ての住まいの感想

わたしは去年とうとう夢のマイホームを購入しました。
そして今までの賃貸住まいから新築一戸建てに引越しました。
1年弱暮らしてみて思ったことを今回は書きたいと思います。
まず、いいところです。
自分の持ち家になるので、自分の責任のもと好きなようにできるということです。
今まで我慢していたインテリアや飾りつけを思う存分することができます。
賃貸住宅だとやはり限界がありますからね。やりすぎてしまうと弁償なんてことにもなりかねません。できたらできたで、今度は自分の家だから傷をつけたくないとか下手にさわりたくないから無難なインテリアしかしないなんて人もけっこういますけどね。わたしはせっかくだからがんがんやってしまうほうです。
自分の家なのに好きにしない方がもったいない気がするので、好きなインテリアで思いっきり遊んでいます。
おかげですっかりインテリアマニアです。

よくないところは、光熱費などが高くなったことです。
今まで1LDKの賃貸住宅に住んでいたこともあって、なにもかもが料金アップです。
お風呂も大きくなって同じように1回湯船につかっても使う水の量やガスの量が違います。
そして、エアコンをつけるのも、リビングが広くなった分よくきかせないとききません。部屋が広くなると寒いですしね。木造のためすきま風も多少感じますので、暖房もきつめになります。
今までと同じようにしていても、絶対高くなるので今は以前より節約するようにしています。
みなさんも新築をご検討されるときにはいいところ、よくないところを見てよく考えてくださいね。